読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原作108撃目

皆さんお久しぶりです。
109話目更新されてんじゃんと思って、試しに108話をチェックしていたら、108話も更新されてたことに今日気づいて急いで読みましたナポリタン村井です。
作者を尊敬していますが、更新すんなら1話毎にしてほしいものです。


はじめに、気づいたこと。
ジェノスの顔がロボットじゃなく、外人っぽくなってきててワロタ
どんどん人間化してる。


ワンパンマンでこんなに長い文章は読むのがしんどい。


そしてジェノスが、強くなっているか確認がしたいと言う。
1巻?2巻?どっちでやったか忘れたが、手合わせをもう一度することに。
ジェノスは新しい技「雷光核」を繰り出す。
これは、ジェノスの腹部分がビカッと光りジェノスの周囲をまぶしい光が包み込む技。
それに対しサイタマは「まぶしい」。お得意のサイタマ節が炸裂したかと思いきや次の瞬間、ジェノスがサイタマに迫り来て渾身のパンチ!かと思いきや、

サイタマのあまりの余裕ぶりに手合わせをする意味がないと悟ったジェノス。
しかし実際は本当に眩しくて目を瞑っていたサイタマ。
2人の思いが更にすれ違っていく。って、恋愛ドラマかっつーの。
いやでもこの状況は非常にまずい。2人がすれ違っていくとストーリーが暗くなっていく可能性がある。
ていうか、なんでジェノスは毎回パンチなんだ。
サイタマに拳で勝てるわけがないだろう。
ロボットは拳より焼却とかそっち系の人間がやれない攻撃した方が強いと思う。
あと↑の画像のまま攻撃してたらサイタマにかすり傷くらい与えることができたのだろうか?
サイタマが眩しさで一瞬怯んだが、サイタマなら立て直して交わしてパンチくらいはできるのだろうか?

ジェノスによる、新しいヒーロー協会「ネオヒーローズ」の説明がなされ…

ジェノスは故郷の村を襲った狂サイボーグを倒すために強くなりたいということで、「ネオヒーローズ」に入ろうとサイタマに告げる。
そして案の定サイタマの答えは…

ですよねー。誰しもが予想していた回答。
今より待遇が良くなるから、ネオヒーローズに行った方が、給料も上がりそうだしいいんじゃねーのと思ったが彼、もうA級だし今の生活のままでも良いらしい。
そんで、

お前らは本当に仲が良いな。。
この二つのコマはLINEスタンプに使えそうだから永久保存版だよ。

そんな感じで108話終わり。
ストーリーが少し進んで面白くなってきた。
そろそろ狂サイボーグ編も来るだろうかと待ち侘びている。