村パンマン 125話

いや〜〜お久しぶりです。久々の投稿になりました

ぶっちゃけ書くのがめんどくさくなって、読むだけ読んで寝てました
ですが、やはり私の使命はワンパンマンのおもしろさ、考察を伝えるべきだと思い、筆をとりました




今回はサイタマ先生が魅せてくれましたね
やっぱり彼がいないとダメっすわこの漫画は




のっけからバングがガロウに対して本気出しすぎてヤバい。

そこにボンブも加わってリンチの状態。
やりすぎかなーと思いました。ヒーローとしての威厳無しですね。
彼はそれ相応の事をしましたから仕方ないと言ったらそれまでなのですが。
ガロウを殺す勢いでゾッとしました。現にガロウは死ぬと思っていましたし。

まあ彼らもガロウは死なないと思っているからしたのでしょうね。
サイタマがこの場にいたらこの2人を確実に止めていたでしょう。


描写がすごすぎて原作ファンの私から見ると、コレジャナイ感。。

ガロウのフルボッコのされ方が半端なくて、回想シーンと相まってすごい可哀想な子に見えました。本当はいい奴なのに。。


番犬マンからヒントを得た獣のような攻撃(爪で砂を取り、相手を引っ掻くようにしてかける)はバングに「なんじゃその変な動きは」と言われてしまいました。番犬マンも否定されたようなものです。また、番犬マンよりバングの方が強いとも読み取れます。


ガロウ、過去の嫌な思い出が回想され覚醒。
いじめられっ子の恨みは強い。
しかし、木を振り回そうとするチープ感が否めない攻撃。
武闘派なので他に攻撃がないため仕方がないのですが。
最近またハンターハンターの蟻編を見ていたのが影響してます。かれこれ蟻編だけで20周は見てます。
あれは「ハンターハンター・蟻編」だけで1つの漫画にしていいと思っています。

そんな話はどうでもいいのです。ワンパンマンが一番好きな漫画なので話を戻します。


ムカデ長老、 大・復・活・☆


こいつは規格外にデカすぎる。

デカいととにかく強い。

ムカデ長老の攻撃によって飛んできた大岩を、綺麗に筒状に斬ってしまうボンブの「旋風鉄斬拳」って強すぎないか?

やっぱり兄貴ですからガロウより強いんでしょうか。


そして、相変わらず違和感しかないフェニックス男ですね。原作に戻してくれ。

彼が、戦いには相性というものがあると発言しているが、サイタマはどんな敵が来ても全く相性がなく確実に倒してしまう。 痺れる。。


また、ムカデ長老に対して善戦できそうな4人のヒーローとして、タツマキ・メタルナイト・キング・ブラストの名を挙げました。


まずはメタルナイト。
私は彼をそこまで強いとは思わない。
ヒーロー協会も彼の脅威を示唆していたが、それほどだろうか、確かに機械力は半端じゃないが、隕石に対する攻撃は全く効いていなかったし。
さらにムカデ長老に対し、金属バットは洞察力の鋭さを活かし、弱点を見つけて多少の攻撃を与えることができていたが、メタルナイトは傷一つ付けることができずに敗戦していた。
また、メタルナイトの中身のボフォイは戦闘経験がないため、洞察力も、戦闘に関する知識も低い。
この3点の理由から、私はメタルナイトはムカデ長老に善戦できないと考える。

そもそも彼がS級の中でも上位に位置するとは思えない。

キング・タツマキは問題ないだろう。キングは大有りだが、そういうキャラなので。
キングは俺の中でラッキーマンと同じだと思っている。


そしてブラスト。
原作の展開より早めに出してくると思わなかった。無理矢理出した感がすごい。
原作同様後ろ姿のみの登場。
2年前にムカデ長老を瀕死まで追い詰めたらしい。
倒したわけではないため、ブラストがサイタマより弱いということはここで確定。


ワンパンマン106撃目 - ワンパンマンをどこよりも詳しく考察するブログ
これの最後で書いたように、私の持論である、ブラストがサイタマに力与えた説はハズレかな?

当たったと思ったんですけどねー、まだわかりませんが!

ブラストのおっさん感がすごいのでサイタマのトーチャンなのではないかと予想・・・



ボンブとバングが合体技をやりましたが、なんかしょぼく見えてしまう・・

しかし、かなりの威力!!

ムカデ長老の分厚い皮膚を次々と破壊していきます。

これで気づいたのですが、これがウェブ漫画の限界といいましょうか。ページが分割されてるため何が起きているのかわかりにくい・・

見事撃破したと思った矢先にまさかのタイミングで脱皮。皮膚が破壊されたら脱皮するような仕組みになっていたのでしょうか。

そして、脱皮の描写が気持ち悪い。。気持ち悪すぎる。。

下ネタで申し訳ないのですが女性器にしか見えない。



ジェノス奮闘!!

恐らく彼は 強くなるだけじゃ本当の強さは手に入れられない ということに気づいたのでしょう。
奴らとは故郷を滅ぼした狂サイボーグのことでしょう。奴らということは、複数いたと推察することができます。

それと、ジェノスは技が次々と増えていくので見てて楽しいですね。成長が見て取れるのでわかりやすい、主人公体質。

真っ二つにされてモスキート娘戦よろしく自爆すると思いきや、まさかのくっ付き。底力を見せましたね。彼は成長してます。


まさか歯をかっきって口ん中に入ると思いませんでした。成長しすぎ。覚悟が固まってきた者は強いですよ。

彼は原作の対怪人協会より確実に活躍するでしょう。


バングがムカデ長老に対して、人生最後の本気を出していたらハグキやブサイク大総統みたいにワンパンで倒していたのかな?と思った。

そこでキングの登場。
キングの私服って明らかに一般人なのに、普通に考えて強いと思えるか?

にしてもキングのガッツの成長っぷりには驚かされる。
サイタマに対する信頼も厚いからできたことだろうが。




いやーサイタマ先生には魅せられましたね。
かっこよすぎて感動して泣きそうになりました。もちろん泣いていません。



私事ですが、何の楽しみもなく、将来の夢も全く思い浮かばない時期がありました。
そんな時にこの漫画の1巻を本屋で立ち読みして、私の人生は変わりました。
いわばサイタマ先生は私の師匠でもあります。




ガロウとサイタマが上手い具合に会えないのも面白いですね。

村田118話

ONE早く更新しろよ!!!



てなわけで始まりました118話。

表紙が気持ち悪い。貧乳ロリコンか大人巨乳のどっちが好きかっていうやつ。
エロいのは好きだけどワンパンマンにこういうのは必要ないんだよなー。村田キモいなぁ。
原作のちょいブスの方が100倍いい。


サイタマが初めて他人に悩みを吐露したのがなんかショックというかコレジャナイ感。

強すぎてって本当だけど中二病っぽい。サイタマが言うから許される。

サイタマがツッコんでるけど、キングのこのセリフは地味に深い。




いつも逃げてるキングが何でかい口叩いてんだよって思ったが、友達のサイタマだから言ったんだろう。

サイタマ「お前だって人に語れるほどヒーローやってないくせに・・・」

ここでサイタマの優しさが見て取れる。
実際キングはヒーローとして何も活動をしていないので、全くやってないくせに・・・と言うべきだが、彼は言葉を選んだ。


このあとキングのお前が言うなのアドバイスが2ページに渡って描かれている。最後のかわいいドヤ顔ですべてを許せた。



場面は変わり、ガロウvs番犬マンが終わった後のガロウの回想。


番犬マン超強えwwwwww

サイタマとキャラが被るから今後も回想以外にこいつの戦闘シーンはないだろう。

人間とは別の生き物ってのは本当だと私は考えている。

こいつと同じだったりしてな

フェニックス男は怪人化して悪の心を持ってしまったけど、番犬マンは正義の心を持っていたのではないか。




ガロウはサイタマと似て非なるのが面白い。
ボロスとは違う。






サイタマのこの雑な蹴り方よ。こんな風に強くなりてえな。



これって


これじゃね?




ガロウの扱い方が雑すぎてすげえかわいそう。同情するわ。
原作の「食い逃げ犯」から、「絡んでくるチンピラ」という展開に変えたようだ。


ここで2コマ目のガロウの壁の穴を見てほしい。


お気づきだろうか?




そうなのである。



怪人化したガロウと同じシルエットなのである。
これに気づいたのは俺だけ。原作ファンにも小ネタを挟んでくるONE兄貴最高。





サイタマ×ガロウ
似てる2人の対戦待ってるぜ!

村田116話


これおまえわじゃなくておまえはだろ、バカかこいつ


この演出増えたけど靴は最強じゃないから絶対破れてスギちゃん仕様になってるわこれ



サイタマ殴られ放題なのがワロタ
さっさと反撃したら良いのに
ゴウケツの後にバクザン来ても全く強そうに見えねえ・・サイタマだからか


やられたと思ったらこれである

雑にもほどがある





今のを見てまだゴウケツ>サイタマだと思ってんのが哀れだねぇ
人は自分より強い奴と戦うとそいつより強い奴は存在しないと思い込んでしまうんだろう

またこの男も・・

メタルナイトのロボットかと思ったが、クセーノ博士のやつだな
いつもこうして研究所になんとか戻れてるんだなジェノス



ジェノスはサイタマの強さをわかってなかったのか・・・?
と、思ったけどボロスのような竜レベルと戦ってるサイタマを、実は今まで見たことないんだよな
だから仕方ないか
原作と混同しがちだが、ガロウと会う前だしなこれ








こんなにも伏線の回収が早い漫画が今まであっただろうか?
ゴウケツが一瞬で死ぬと思わなかったわ
深海王以来のあっけなさ

これぞワンパンマンって感じで最高
他の漫画とは比べ物にならない、かっこよくて面白い漫画だ



俺はスイリュー嫌いだから、反省して、新たな目標のヒーローになりたいとか死ぬほど興味ねーわ
頑張ってA級だしな

サイタマもこいつに関して露骨に興味ないのがワロタ

弟子にしてくれは意外な展開だった





こんな感じっすかね

村田115話

スイリュー潔わりい・・・これが最後まで諦めないヒーローとの違いか

スイリューに対する伏線があった

つまりスイリューには思考判断力が足りなかったというわけだ


最終的にあんだけバカにしていたヒーローの助けを呼ぶ様は一般市民となんら変わりない
まあこれはスネックとイナズマックスを見てから気持ちが変わったのだろうが



なんだかんだ言って会場の外は危機的状況だった
S級も出動するレベルってかなり厄介だろ
サイタマ以外のヒーローもなんだかんだ言ってカッコいいな
タツマキも普通に戦ってんのがかっこいいし、やっぱりヒーローなんだなと思った




そして主人公



1話の時を思い出す感じ
怪人に対してヒーローだって言ったのはワクチンマン以来


ガロウ編やらなくてもいいんじゃねーのこれ

ガロウ編も最後サイタマ出るまでめっちゃ引っ張ったから、今回のでもまあまあ引っ張ったからこれより引っ張るのだろうか
いや、ガロウ編のサイタマ登場まで引っ張ったら、今回の引っ張りと被るから総入れ替えあるぞこれ


自称竜のバクザンが瀕死状態のスイリューに足の指折られたのはどう考えてもおかしい
スイリューがそんな強いわけがないので、バクザンが大して強くなかったように思える
やっぱり自称は自称か
それとも弱点だったのか、足の指が弱点とか聞いたことないが

スイリューは強いと思われがちだが、サイタマが反撃しなかっただけで実際そんなに力はない
怪人と戦うヒーローと人間と戦う武術のスイリューじゃ、レベルが違う
A級〜S級のプリズナー以下と俺は思う
と、なるとプリズナーがS級にいるのが違和感
好きなキャラではあるが、さっさとアマイマスクと入れ替わってほしい


と、スイリューを叩き続けている俺だが、当のサイタマ本人は最後まで頑張ったスイリューに対し、「よく一人で耐えたな」と讃えている


サイタマに憧れている俺はサイタマと真逆のことをやっていたのかと、自分の情けなさを恥じる



「助けを呼ぶ声聞こえたぜスイリュー」って言ってるのも本当に聞こえたんだろう
視力も良いし聴力もハンパないはず



普通の少年漫画の主人公はもっと熱い言葉を選んで激励するがサイタマは違う
今回の「よく一人で耐えたな」や、キングを助けた時の「大丈夫か」のような簡単な言葉を言っている
そこにむしろ熱いものを感じるところがサイタマのかっこよさ


サイタマの顔が不自然にイケメンなのは、スイリューから見たサイタマだからなのだ



スネックなどのS級以下のヒーローの大半が順位上げに必死ではあるが、やっぱり根はヒーローなんだなと思わせてくれる良い話だった


ただ強いだけじゃなく、不動な正義感を持っている熱き者達の物語なのだ

今回の話は久々に燃えた。サイタマは絶対だ。


村田111話

チョゼの怪人化がいくら強いと言っても鬼レベルだろう。
それに苦戦してるスイリューはやはりそれまでの雑魚。
最後ゴウケツに殴られて続く、となった。
ここでまた、係員に追われてるサイタマが来てダッシュで逃げながらゴウケツをワンパンで倒して去っていく展開が読める。
それでスイリューはヒーローを認める、みたいな。

村田のやつ109話

108話の感想で、サイタマの寸止めを見た観客はどう思ったのか、ジェノスの時同様寸止めされた本人しか、このパンチの強さはわからなそうだが。と書いたが、今回では観客達が「今の見たかよ!!?」「すげぇ!あんなのみたことねぇ!!」と盛り上がっていた。
サイタマが評価されるのは嬉しいので良いことだ。
しかし、スイリューの蹴りにより、サイタマのカツラの着用がバレてしまった。これによってレフェリーの判断でサイタマは失格になってしまった。サイタマが優勝は100%ないと思ったから、この展開は予想はできた。
よって優勝はスイリュー。確実に敗北だったのにスイリューが勝利という、スイリューのプライドがズタズタにされてしまった。俺はスイリューが嫌いなので非常に嬉しい。
ここで終われないスイリューは、「遊びは終わり、ここから本番だ」と言い放ち、無謀にもサイタマに全力で殴りにかかる。


もちろんサイタマはこの表情である。



圧倒的な力のサイタマに対してこれじゃ子供が駄々こねてるようにしか見えない・・・。かっこ悪いわコイツ。
サイタマの交わし方がめっちゃ面白い。


そして、闘技場を真っ二つにしてしまったスイリュー。さすがにこれは驚いたが、S級メンバーだったら余裕で出来ると思われる。プリズナーでも出来るだろー。


しまいにはめちゃくちゃニヤけてるサイタマ。
原作ガロウの時と同様である。

その直後、「冥躰空龍拳」とかいう技を繰り出したスイリューだが、興味ないのでここはカットで。


効いてたらこんな顔しねーだろwww

武術の何たるかは君にわかったかな?とキレ気味のスイリューに対し、武術を学ぼうとこの会場に出たサイタマが出した答えは・・・








でしょうね。




サイタマがやると可愛い。


まさかのヒップアタック。

サイタマの無意識の尻アタックを直撃して、会場の端まで飛ばされてしまったスイリュー。
サイタマ強すぎだろ。漫画かよ。

スネックが、「サイタマ…なぜここに…」と、言っている。やはり彼にとってもサイタマは衝撃的な人物だったんだろう。当のサイタマはスネックのことなんて全く覚えていないわけだが。

そしてスイリュー。

サイタマはマジで、殺しにかかってしまっていたことがわかる。


「(ウジウジも考えたところで意味はない…。彼とこれ以上関わらなければいいだけだ。)」

この発言からわかるように、スイリューは、強くなりたくても死にたくはないという甘ったれた人間だということがわかる。
同じくサイタマに魂ならぬ玉を奪われそうになったソニックは、DVD特典OVA「こじれすぎる忍者」からもわかるように、サイタマに勝てるようにサイタマというトラウマから逃げずに猛特訓を積んでいる。
正直言ってしまうと、実際スイリューは怪人レベルに例えたら狼よくて虎だと私は考えている。



そして、ようやく怪人が会場にやってきた。

災害レベル鬼の「三羽ガラス」がロジー(誰)やデーブたちを掴んでどこかに連れて行こうとしている。

この三羽ガラスって、いつの日か忘れたが、サイタマにやられた怪人の死体を食っていたカラスではないだろうか?あの時も丁度三羽だったし。


ほんでもって災害レベル竜の「ゴウケツ」登場。

まず、気持ち悪い。絶対弱い。
「よし、お前ら怪人になれ」ということは、こいつも人工で作られた怪人の可能性が高い。
もともと、怪人というものは、その人間の妬み、憎しみ、悲しみなどの様々な負の感情によって怪人になるのである。
それを人工で作ってしまってはオリジナルに勝てるわけがない。「モブサイコ100」の爪の人工超能力者のそれと類似している。
さて、ようやく怪人が現れた。サイタマは未だ逃げているようだが、この場のメンツでどうするのだろうか?乞うご期待!


一つダメ出しをすると、スイリューの顔と体のムキムキ具合が合ってなかったから村田くんにはもう少し頑張ってほしい。

村パン108話目

村田のも108話まで行ってたのかー

サイタマ、遂にスイリューとの対決。
スイリューはサイタマのことを気に入ったのかいつになく本気モード。
サイタマを上空に蹴り上げて、自分も跳び、上空からこんなふうに、えげつない攻撃をしてくる。

どんどん攻撃をかましてくる。さすが、名の知れた格闘家だけあって、スイリューのこの強さは俺にもわかる。
サイタマの面白いところは、スイリューがどんなに攻撃してきても交わすことをせず無抵抗で、ただカツラが飛ばないように抑えているというところだ。


こんなん擦れたらしかも裸足で絶対痛いっつうのに。


そんなこんなでスイリューが調子に乗り、ヒーローを茶化すようなことを言った。
それに対し、サイタマは軽くキレて、本気モードに突入。ついにカツラも吹っ飛んじまったがそんなこたあ気にしちゃいねえ。
そんなスイリューに対し、サイタマが言ったセリフ。

「やりたいことやってんのはお前だけじゃねーぞ。俺からもお前に一つアドバイスしてやる。楽しむのが目的だったら、それ以上強くならない方がいいぜ。」

「楽しむのが目的だったら、それ以上強くならない方がいいぜ」という、この言葉の意味を1週間ずっと考えていたのだがやっとわかった。

サイタマは、趣味=楽しむ ためにヒーローをやっていた。髪が生えていた頃は今ほど強くなく、徐々に強くなっていったのが楽しくて、怪人になんとか勝つのも楽しいことだった。
それが、今ではハゲになるほど強くなりすぎてしまい、戦いが作業になってしまった。
俗にいう「またワンパンで終わっちまったああああああああ」である。
つまり、「俺のように強くなりすぎてしまうと退屈で、楽しくなくなってしまうぞ」という意味であることがわかる。

その後はやっぱりサイタマ節炸裂。先生、かっこいいっす。

↑これ見て観客はどう思ったんだろ。ジェノスの時同様寸止めされた本人しか、このパンチの強さはわからなそうだが。



初めてフォントを大きくするとか色を付けるとかやってみたけど楽しいなこれ。ブログ書いてる感あるわ。