99話を見返してて気づいたこと

まずはこの画像を見ていただきたい。




原作から保存させていただいたものなのだが。
タツマキが来たことにサイコスがガクブルっと怯えているような様子を感じられる。しかし、よく見たらサイタマを見て怯えているようにも見える。


これは、物語の終盤への伏線で、サイタマが最強になったのはやはり普通の筋トレではなく、サイタマ自身がヒーローになりたいと強く思うことによって生じたもので、彼自身人間ではない怪人のようなものなのではないだろうか。そして今後、彼が何かをしでかす(地球を破壊するなど)のではないかとサイコスが瞬時に感じたのではないだろうか。

実際に、ガロウが怪人になりたいと思うことによって、最終的には本当に怪人化したのでその逆のパターンもあるのではないかと、私は考えている。