村パン108話目

村田のも108話まで行ってたのかー

サイタマ、遂にスイリューとの対決。
スイリューはサイタマのことを気に入ったのかいつになく本気モード。
サイタマを上空に蹴り上げて、自分も跳び、上空からこんなふうに、えげつない攻撃をしてくる。

どんどん攻撃をかましてくる。さすが、名の知れた格闘家だけあって、スイリューのこの強さは俺にもわかる。
サイタマの面白いところは、スイリューがどんなに攻撃してきても交わすことをせず無抵抗で、ただカツラが飛ばないように抑えているというところだ。


こんなん擦れたらしかも裸足で絶対痛いっつうのに。


そんなこんなでスイリューが調子に乗り、ヒーローを茶化すようなことを言った。
それに対し、サイタマは軽くキレて、本気モードに突入。ついにカツラも吹っ飛んじまったがそんなこたあ気にしちゃいねえ。
そんなスイリューに対し、サイタマが言ったセリフ。

「やりたいことやってんのはお前だけじゃねーぞ。俺からもお前に一つアドバイスしてやる。楽しむのが目的だったら、それ以上強くならない方がいいぜ。」

「楽しむのが目的だったら、それ以上強くならない方がいいぜ」という、この言葉の意味を1週間ずっと考えていたのだがやっとわかった。

サイタマは、趣味=楽しむ ためにヒーローをやっていた。髪が生えていた頃は今ほど強くなく、徐々に強くなっていったのが楽しくて、怪人になんとか勝つのも楽しいことだった。
それが、今ではハゲになるほど強くなりすぎてしまい、戦いが作業になってしまった。
俗にいう「またワンパンで終わっちまったああああああああ」である。
つまり、「俺のように強くなりすぎてしまうと退屈で、楽しくなくなってしまうぞ」という意味であることがわかる。

その後はやっぱりサイタマ節炸裂。先生、かっこいいっす。

↑これ見て観客はどう思ったんだろ。ジェノスの時同様寸止めされた本人しか、このパンチの強さはわからなそうだが。



初めてフォントを大きくするとか色を付けるとかやってみたけど楽しいなこれ。ブログ書いてる感あるわ。